2014年7月10日(木曜日)

高井鴻山記念館「高井鴻山と妖怪たち~異界に遊ぶ~」(小布施町)

高井鴻山記念館「高井鴻山と妖怪たち~異界に遊ぶ~」開催中

 

 葛飾北斎を小布施に招くキーパーソンとなった高井鴻山。
妖怪画をよく描いた北斎や河鍋暁斎(かわなべきょうさい)らと親交を結び、晩年は多くの妖怪画を描いています。一般的なイメージとは違い、鴻山の妖怪画には不思議と不気味さがありません。叙情的で品格さえたたえている妖怪たち。
 晩年の鴻山の心境に想いをはせ異界での一時をお楽しみください。
 また、小布施の小学校・栗ガ丘小学校の3年生たちが描いた「創作妖怪画」の発表も同時開催。
 長き時を経て、第2の高井鴻山画伯が誕生か!? こちらもぜひお楽しみください。(出展:小布施文化観光協会HP)

展示期間

7月4日(金)~9月24日(水)


開館時間

9:00~18:00 閉館30分前までにお入りください。


入館料

大人300円、高校生150円、中学生以下無料

問合せ先

高井鴻山記念館 (小布施町HPにリンクします。)

TEL:026-247-4049


2014年6月23日(月曜日)

日本刀の匠たち 第5回新作日本刀研磨外装刀職技術展覧会(坂城町)

日本刀の匠たち第5回新作日本刀 研磨 外装 刀職技術展覧会

 

 鉄の展示館では、公益財団法人日本刀文化振興協会との共催により、日本刀の伝統技術継承を担う現代刀職者を支援することを目的として、全国から公募し、選考された「作刀」「研磨」「外装」各部門の作品79点を展示する展覧会です。

 

開催期間

6月21日(土)~8月31日(日)

開館時間

午前9時~午後5時(入館は4時30分まで)

休館日 

毎週月曜日
月曜が休日の場合翌日 並びに年末年始

6月23日(月)・30日(月)

7月7日(月)・14日(月)・22日(火)・28日(月)

8月4日(月)・11(月)・18日(月)・25日(月)

入館料

500円、中学生以下は無料。8名以上の団体料金/400円 

開催内容

◆手作りナイフを作ろう!◆  ~参加費500円
 5寸釘を使って、懐かしい手作りナイフを作ります
 対象は小学生以上。小学生は保護者同伴
※開催日:7月6日(日)・27日(日)。
午前10時~正午
※会場:鉄の展示館隣接コミュニティセンター
※定員:先着30名、申込み不要



◆居合道演武と公開古式鍛錬◆  
~鉄の展示館への入館が必要~
 小宮山克巳氏(夢想神伝流居合道教士7段)と長野県剣道連盟上田支部の皆さんによる居合道の演武をご覧いただ き、その後、宮入鍛刀道場において、古式鍛錬を公開します
※開催日:7月12日(土)。午前10時~正午

※居合道会場:鉄の展示館隣接コミュニティセンター
※公開鍛錬会場:宮入鍛刀道場



◆日本刀に触れてみよう!◆  参加費500円
 
本物の日本刀に触れて、鑑賞します
 対象は小学生以上。小学生は保護者同伴
※開催日:7月21日(月・祝)・8月30日(土)。午前10時30分~午前11時30分
※会場:鉄の展示館隣接コミュニティセンター
※定員:先着30名、申込み不要



◆「刀職者実技研修会」一般公開◆  ~鉄の展示館への入館が必要~
 日本刀製作に関わる様々な伝統技術(刀身製作・研磨・拵下地・金具製作・柄巻)の専門的技術向上をはかるための研修会を一般に公開します
※開催日:8月22日(金)~24日(日)。午前10時~午後4時(最終日は午後3時まで)

※会場:鉄の展示館隣接コミュニティセンター



◆展示解説◆

 会期中の毎週日曜日、午後1時~

問合せ先

坂城町 鉄の展示館

TEL:0268-82-1128


ギャラリートーク 製糸城下町松代 「六工社創業と富岡製糸場」開催(長野市)

ギャラリートーク 製糸城下町松代 「六工社創業と富岡製糸場」開催

 

 世界遺産に登録された富岡製糸場。富岡を範として、松代で創業されたのが「六工社」。
富岡で学び、「六工社」で製糸技術を指導した和田英が、のちに綴った『富岡日記』。
その『富岡日記』をひもときながら、富岡製糸場と松代製糸業とのかかわりをさぐります。
ただいまパネル展も開催中です。

開催日時

平成26年6月24日(土)  午前10時~12時


開催場所 

松代まち歩きセンター


講師 

丸山日出夫氏(長野県文化財保護指導委員)


参加費 

無料

問合せ先

NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会 (外部リンクします。)

TEL:026-278-1277


2014年6月20日(金曜日)

信濃町一茶記念館への御案内(信濃町)

カテゴリー: - 広域連合 @ 11:32:50

信濃町一茶記念館への御案内

 

 

 長野県北部、信濃町柏原に生まれた俳人小林一茶は、晩年ふるさとで暮らしました。一茶終焉の土蔵が国史跡に指定されたのを記念して、1960(昭和35)年、一茶の墓のある小丸山に開館しました。2003(平成15)年4月新館となり、一茶の生涯と文学・一茶のふるさと・一茶顕彰などを展示し、あわせて、一茶忌全国俳句大会や一茶講座などの、一茶や俳句に関する様々な学習活動を行っています。

 

開館期間と休館日

 
3月20日~11月30日(通常営業)
休館日・年末年始
※12月1日~3月19日の間も年末年始を除き
 見学可能。但し、土・日・祝日は要予約。
 見学希望者は事前に電話
 (026-255-3741)にご連絡ください。
 

開館時間

 
午前9:00~午後5:00
 

入館料

 
おとな(高校生以上) 500円(450円)
こども(小中学生) 300円(260円)
※( )内は20名以上の団体料金
※冬期間は半額
 (おとな250円・こども150円)
 

問合せ先

 
一茶記念館 (公式HPにリンクします。)
 
TEL:026-255-3741

「松代藩の国絵図・城下絵図・町絵図」公開中(長野市)

「松代藩の国絵図・城下絵図・町絵図」公開中

 

 江戸時代は様々な種類の絵図が作られ、多くの人が利用した時代です。絵図との対話を通して、松代藩に関する絵図が作られた背景や、利用方法などを考えます。

 

開催場所

真田宝物館 第4展示室
(長野市松城町松代4-1)

入館料

一般300円、小中学生120円
 (土曜日は小中学生無料)

詳細はコチラ (外部リンクします。)

問合せ先

真田宝物館

TEL:026-278-2801

 


2014年6月19日(木曜日)

星空観望会について(飯綱町)

星空観望会開催中

 

 350mmの天体望遠鏡が星空のロマンへといざないます。月約2回、誰もが気軽に

参加できる星空観望会を実施しています。シンデン350mm反射望遠鏡など

望遠鏡3基、双眼鏡5個を用意、思い思いに星空をお楽しみ下さい。

 初心者大歓迎!すべての観望会に専門のスタッフがつきます。望遠鏡のこと、

星・星座のことどんなことでも結構ですので、天文についていろいろお気軽に

お聞き下さい。

 

開催時間 

19:30~21:00(5~8月) 19:00~20:30(上記以外の期間)

参加料 

無料(町内外は問いません)


いずれも申し込み不要。雨天・雲天の場合中止、電話で問い合わせ願います。

 

問合せ先

いいづな歴史ふれあい館 (外部リンクします。)

TEL:026-253-6646



高山村歴史民俗資料館の御案内(高山村)

高山村歴史民俗資料館の御案内

 

 高山村の現在とつながる人間の歩みの物語をみることができます。暮らし、生活、について再発見することができます。ぜひ、お越しください。

 

開館時間

9時~16時

休館日

月曜日(休日の場合は翌日) 休日の翌日・12月28日~1月3日

入館料

【個人】 一般100円(小中学生50円)  【団体】一般80円(小中学生40円)

問合せ先

高山村歴史民俗資料館 (高山村公式HPにリンクします。)

TEL 026-242-2552

 


坂木宿 ふるさと歴史館への御案内(坂城町)

坂木宿 ふるさと歴史館への御案内

 

戦国時代に甲斐の武田信玄と果敢に戦い、上田原の合戦、砥石合戦の2回にわたり勝利した村上義清公と信濃村上氏の歴史、そして北国街道坂木宿に関する資料が展示してあります。

 1階には、川中島合戦図屏風や村上氏関係資料を、2階には坂木村の宿場指定を示す朱印状など北国街道に関する資料や、当地で盛んだった和算に関する資料を展示。

 また、建物については、昭和4年の木造3階建ての建築を、当時の面影を損なわずに修復した趣のあるものとなっています。

 

開館時間

午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日

毎週月曜(月曜が休日の場合は翌日)・年末年始

展示室の観覧料

個人:100円 / 20人以上の団体:50円(小学生及び町内中学生は無料)

問合せ先

坂木宿ふるさと歴史館(坂城町公式HPにリンクします。)

TEL:0268-82-4193

 


2014年6月16日(月曜日)

野尻湖ナウマンゾウ博物館の御案内(信濃町)

 野尻湖ナウマンゾウ博物館の御案内

 

 1948年、野尻湖畔の旅館を営んでいた加藤松之助氏が、野尻湖底で氷河時代に生息していたナウマンゾウの臼歯の化石を発見したことをきっかけに、野尻湖では化石の発掘が行われるようになった。1962年より本格的に始まった発掘は現在までに18回に及び、ナウマンゾウの化石をはじめ、オオツノジカの化石、ナイフ・骨器などが数多く出土されている。
 野尻湖ナウマンゾウ博物館では、「野尻湖発掘」の成果を中心に、約5万年前から現在に至るまでの野尻湖周辺の自然環境の研究資料を展示。
 化石をもとに復元された実物大のナウマンゾウのレプリカがある館内では、出土した石器・骨器などの貴重な資料に実際に触れることができる。
 また、1階では石器作りの体験コーナーもあり、来館の際の記念品としても人気。(出展:信濃町観光協会HP)

開館時間

午前9時 ~ 午後5時

開館期間

通常営業:3月20日 ~ 11月30日

(冬期営業:12月4日~3月19日)

12月4日~3月19日の間も年末年始を除き見学可能です。
冬期開館時間 平日/午前9:00~午後5:00まで。土.日.祝日/午前9:30~午後3:45まで。
見学希望者は事前に博物館まで電話(026−258−2090)でご確認されると確実です。

休館日

5・6・9・10・11月の末日(その日が日曜、祝祭日の場合はその翌日が休館日)

入館料

一般:500円/小,中学生:300円

 

収蔵資料展「ナウマンゾウとマンモスゾウのなかま展」

 4月26日(土)から、いままでに博物館で収蔵・収集したナウマンゾウやマンモスゾウ、マンモスの仲間であるトロゴンテリゾウなどの化石を展示します。

開催期間

2014年4月26日(土)~ 6月30日(月) 

会場

野尻湖ナウマンゾウ博物館3階 特別展示室

 

問合せ先

野尻湖ナウマンゾウ博物館 (公式HPにリンクします。)

TEL:026-258-2090

 

 


一茶ゆかりの里 一茶館について(高山村)

一茶ゆかりの里一茶館の御案内

 

高山村は、俳人小林一茶が晩年頻繁に訪れた地として知られています。
一茶に自宅の離れ家を提供した久保田春耕をはじめ、多くの門人たちは一茶を温かく迎え熱心に教えを受けました。そんなことから高山村には代表作の「父の終焉日記」のほか、「花春帖(浅黄空)」「筆記(俳諧寺抄録)」の原本をはじめ数多くの遺墨が伝わっています。人間小林一茶を実感できる空間を体感してください。

 

休館日

月曜日(祝祭日の場合は翌日)
祝祭日の翌日・12月28日〜1月3日

開館時間

9時〜17時(入館は16時まで)

観覧料

一般 500円
団体(20名以上) 400円
小中学生 150円
団体(20名以上) 100円

 

問合せ先

一茶ゆかりの里 一茶館(公式ホームページにリンクします。)

TEL:026-248-1389


2014年5月20日(火曜日)

地元ガイドと一緒に歩く、雁田山山麓散策ツアー開催(小布施町)

地元ガイドと一緒に歩く、雁田山山麓散策ツアー開催

 

小布施まち歩きガイド 春のツアー

小布施町のシンボル雁田山。その山麓には信州の景色をロマンチックに描いた藤岡牧夫の美術館や、江戸時代の画狂老人・葛飾北斎の描いた、妖しい魅力を放つ大天井絵図の寺・岩松院、そして千曲川を隔てた反対側には戸隠連峰、黒姫山などの山々の姿を見ることが出来ます。
山麓を散策するだけで、信州メルヘンの世界に浸り、北信五岳を遠望した後、北斎の天井画を鑑賞する、不思議な魅力が味わえるひとときです。(出展:小布施町文化観光協会HP)

 

開催コース

小布施総合案内所(シャトルバスロマン号)→おぶせ温泉前下車→里道散策→藤岡牧夫美術館→せせらぎ緑道→浄光寺→せせらぎ緑道→岩松院→里道→フローラルガーデン


開催日

5月11日(日)、25日(日)、6月7日(土)、14日(土)、21日(土)

開催時間

各日9:45~12:30

集合時間

小布施総合案内所(長野電鉄・小布施駅舎内)

定 員

2~10名

参加費

大人1,000円(ペットボトル付) 別途実費=シャトルバスロマン号300円(1日券)、藤岡牧夫美術館入館料500円、岩松院入館料300円
※歩きやすい服装でお越しください。
※現地解散になります。町の中心地へはフローラルガーデン前からバスに乗っていただけます。
※定員になり次第締め切らせていただきます。

申込方法

予約制。ファクス、メール、電話にて次の事項をお申込みください。
①参加者氏名、②参加人数、③住所、④連絡先(緊急時に連絡がつく番号)。⑤希望日

メールの場合はメールアドレスmachiaruki-guide@obusekanko.jp宛てに上記をご記入いただき、「件名」には「雁田山山麓ツアー」と明記してお申込みください。

申込み先・問合せ先 

小布施文化観光協会 
         

TEL 026-214-6300 FAX 026-214-6363 
machiaruki-guide@obusekanko.jp



 


東山魁夷館 常設展Ⅱ「黒い空」開催(長野市)

東山魁夷館 常設展Ⅱ「黒い空」 開催

 

 平成26年度の東山魁夷館常設展の年間テーマは「六本の色鉛筆」。ザルツブルクに滞在した冬、一夜毎に色をテーマに書いた東山さんの物語をもとにしました。第Ⅱ期の章名「黒い空」は熊本での空襲の空を示しています。(出展:ながの観光コンベンションビューローHP)

開催日時

5月29日(木)~7月29日(火)  9:00~17:00(最終入館16:30)
休館日 水曜日

開催場所

長野県信濃美術館 東山魁夷館
(長野市箱清水1-4-4 善光寺東隣・城山公園内)

観覧料

大人500円、大学生300円、高校生以下無料

問合せ先

長野県信濃美術館 東山魁夷館 

TEL:026-232-0052


2014年4月30日(水曜日)

SAKAKIの美術家7人展 開催(坂城町)

SAKAKIの美術家7人展を開催

 

 鉄の展示館では、坂城町及び町出身で、全国を舞台に活動している現代美術家の展覧会を開催します。日本画の塩野入大賢、書の岩浅写心、洋画の浦野資勞、彫刻の若林武新、日本刀の宮入小左衛門行平、彫金の宮入鏡、染織の宮入映。7人が織り成す、珠玉の作品を展示・公開します。郷土の現代美術家たちの作品をご覧いただける貴重な機会ですので、ぜひお越しください。(出展:ステキさかき観光協会HP)

 

開催期間  

 平成26年4月19日(土)~6月15日(日)

場   所  

 鉄の展示館

開館時間  

 歴史館・展示館とも午前9時~午後5時 (最終入館は午後4時30分まで)

入館料   

 鉄の展示館  400円

         

 詳細は 鉄の展示館HP または 坂城町HPをご覧ください。

問合せ先

鉄の展示館

Tel:0268-82-1128

 


再発見!!おもしろ歴史講座(長野市)

再発見!!おもしろ歴史講座開催中

 

 代々の名君が統治した城下町をめぐりながら、信陽まつしろの歴史に触れ、歴史を創った「ヒト」と出会い、松代文化を感じてみませんか。(出展:ながの観光コンベンションビューロー)

講 師 

丸山日出夫氏(長野県文化財保護指導員)

参加費 

各回1000円(資料代、保険代)

会 場 

松代まち歩きセンター伝承館
※毎回約1時間の講義と約1時間のまちめぐりをします。

第1回 4月15日(火)午前10時~
    松代城下町の成り立ち
    松代城主の変遷
    松代城(別名:海津城)めぐり

第2回 4月22日(火)午前9時30分~
    真田武士の生活
    代官町・馬場町めぐり

第3回 4月29日(火)午前9時30分~
    松代商人の生活
    伊勢町・紺屋町めぐり

第4回 5月13日(火)午前9時30分~
    松代の寺院仏閣
    真田家霊廟建築の魅力
    田町4か寺(梅翁院・長国寺・浄福寺・真勝寺)めぐり

第5回 5月20日(火)午前9時30分~
    近代日本に貢献した松代人たち
    フランス語研究の先駆者:村上英俊
    法曹界をリードした井上操、横田秀雄 など松代人めぐり

 

問合せ先

NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会

TEL:026-278-1277


2014年3月31日(月曜日)

東山魁夷館 常設展Ⅰ「緑の樅の木」開催(長野市)

東山魁夷館 常設展Ⅰ「緑の樅の木」開催

 

 平成26年度の東山魁夷館常設展の年間テーマは「六本の色鉛筆」。第Ⅰ期は「緑の樅の木」と題し、960余点におよぶ収蔵作品のなかから、選りすぐりの作品をご紹介いたします。

 

開催日時

4月3日(木)~5月27日(火)
9:00~17:00(最終入館16:30)
休館日 水曜日(但し4月30日(水)は開館)

開催場所

長野県信濃美術館 東山魁夷館
(長野市箱清水1-4-4 善光寺東隣・城山公園内)

観覧料

大人500円、大学生300円、高校生以下無料

問合せ先

長野県信濃美術館 東山魁夷館 (公式HPにリンクします。)

TEL:026-232-0052


 

 


放浪の天才画家 山下清展(長野市)

放浪の天才画家 山下清展 開催

 

 放浪の天才画家・山下清。本展覧会では、「日本のゴッホ」とも称された山下清が、何を考え、何を感じながら作品を生み出したのかという視点で、芸術家としての“真の姿”に迫ります。代表的な貼絵を中心に、油彩や水彩画、ペン画、陶磁器など、初期から晩年までの約130点の作品とともに、放浪日記や本人のコメントなども合わせて紹介します。(出展:ながの観光コンベンションビューローHP)

 

開催日時

4月12日(土)~6月1日(日)  9:00~17:00(最終入館16:30)
 休館日 水曜日(但し4月30日(水)は開館)

開催場所

長野県信濃美術館 (長野市箱清水1-4-4 善光寺東隣・城山公園内)

観覧料

大人1,000円、大学生800円、高校生以下無料

 

詳細は コチラ (外部リンクします。)

問合せ先

長野県信濃美術館 

TEL:026-232-0052


2014年3月25日(火曜日)

第13回 信州須坂しあわせ雛祭り(須坂市)

第13回 信州須坂しあわせ雛祭り

 

大事に守り伝えられてきた雛人形を商店・美術館・博物館等、約100店舗に展示します。須坂の特産品などが当たるスタンプラリーもありますので、蔵の町並みとお雛様をぜひご覧ください。

開催期間

3月1日(土)~4月3日(木)

開催場所

須坂市内 約100店舗

問合せ先

蔵のまち観光交流センター

TEL:026-248-6867


「谷本美代子 ミニ和紙人形展」開催中(須坂市)

「谷本美代子 ミニ和紙人形展」開催中

 

 須坂市在住の谷本美代子さんのかわいいミニ和紙人形を展示しています。体長は2cm~7cmくらいの大きさで、ひとつひとつ手作りです。ぜひお近くでご覧になってください。(出展:須坂市観光協会HP)

 

開催期間

平成26年4月3日(木)まで

開館時間

9:00~17:00

開催場所

旧上高井郡役所 1階

問合せ先

旧上高井郡役所 

TEL:026-245-5559


東山魁夷館常設展Ⅰ「緑の樅の木」開催(長野市)

東山魁夷館 常設展Ⅰ「緑の樅の木」開催

 

 平成26年度の東山魁夷館常設展の年間テーマは「六本の色鉛筆」。第Ⅰ期は「緑の樅の木」と題し、960余点におよぶ収蔵作品のなかから、選りすぐりの作品をご紹介いたします。
(出展:ながの観光コンベンションビューローHP)

開催日時

平成26年4月3日(木)~5月27日(火)  9:00~17:00(最終入館16:30)
*休館日 水曜日(但し4月30日(水)は開館)

開催場所

長野県信濃美術館 東山魁夷館
(長野市箱清水1-4-4 善光寺東隣・城山公園内)

観覧料

大人500円、大学生300円、高校生以下無料

詳細は コチラ (外部リンクします。)

問合せ先

長野県信濃美術館 東山魁夷館 

TEL:026-232-0052


2014年3月19日(水曜日)

第12回 松代でひなまつり開催中(長野市)

第12回松代でひなまつり開催中

 

真田十万石の城下町・松代をひな飾りが彩ります。

真田十万石の城下町・松代の歴史的な町並みの中、文化施設や町内の商店などで、ひな飾りが展示されます。各種催しも同時開催、城下町の雰囲気をゆっくりとお楽しみください。

開催期間

平成26年3月2日(日)~4月3日(木)

~イベント情報~

  1. 流し雛
    日時:3月2日(日) 9:30~
    場所:象山神社
  2. 焼き物のおひな様オークション
    展示期間:3月2日(日)~4月3日(木)
    展示場所:松代まち歩きセンター
    内容:松代東条の窯元「陶隆窯」のオリジナル作品。世界に一つだけのおひな様です。ぜひオークションにご参加ください!焼き物の小さなおひな様も限定50セット販売します。
  3. ひなまつりミニコンサート
    日時:3月15日(土) 13:30~
    場所:旧前島家住宅
  4. 城下町松代のまち並み散策とひな巡り
    日時:3月23日(日) 9:30~
    集合場所:松代城入口 
    参加費:500円

     詳細は コチラ (外部リンクします。)

 このほかにも様々なイベントがあります。詳しい内容については下記団体に直接お問い合わせください。

問合せ先

第12回松代ひなまつり実行委員会(松代まち歩きセンター内)
       

TEL:026-285-0070

エコール・ド・まつしろ倶楽部
       

TEL:026-278-0550


≪前ページ   次ページ≫

カテゴリ別 記事一覧

月別 記事一覧

イベントカレンダー

<<   2020年 2月   >>
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829